音和邸♪ 作曲家 TOMO

「雪だるまの一生」 op.020

 

 

雪遊び。無邪気な心を取り戻したいときに、この曲を。

大人になると、色々な事を考えすぎて、自分の気持ちを素直に表現できないこともありますよね。
たまには、喜怒哀楽を思いっきり出してもいいんです。

人間らしい正直なところこそ、人は魅かれるものですよ。

 

 

「雪だるまの一生」

 

白い粉雪がはらはらと舞う

 

小さな手袋がやさしくすくい、
太陽にかざして輝きを見る

 

惜しそうに握りつぶし、
夏に遊んだ泥団子の記憶をよみがえらせ、
まん丸の小さな玉と、
大きな玉を磨き上げた

 

同じ背丈の雪だるまは、目も、口も、鼻ももらい、
にっこりと微笑みをうかべる

 

「Tanzen! Tanzen!(踊ろ!踊ろ!)」

 

陽が傾くころ、雪だるまの周りには、
硬い地面ができあがった

 

去ってゆく後ろ姿を、いつまでも見送り、
何度も、何度も足跡を数えた

 

 

composer’s note

子供の頃、スキー場へ行けば、必ず雪だるまを作った。
雪国に行けばもちろん、都会でも雪が積もると、今でもついつい作ってしまう。

作っているときはウキウキして楽しいけれど、カワイイ雪だるまを残して立ち去るときは、いずれ溶けてしまう寂しさを思って、毎度せつなくなる。

小さな子供に白い雪が命を吹き込まれ、友となり、ふたりは飛び跳ねて踊る。そして、やがて消えてしまうであろう、取り残された雪だるまの寂しさ。そんな物語りのあるピアノソロ。

子供の頃の無邪気さを思い出せば、冷たい雪が姿を変え、サンタクロースのように、ぬくもりを届けてくれるだろう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:雪だるまの一生 A Life of Snowman
発売日:2014.02
曲の長さ:7’27”
主な楽器:ピアノソロ

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 侘