音和邸♪ 作曲家 TOMO

「雪ホタル」 op.001

 

 

静かな夜。悲しみに浸りたいときに、この曲を。

人生には、浮くときもあれば、沈みそうになるときもありますよね。
たまには、心の暗い部分に浸ってもいいんです。

影を見つめれば、光が見えてくるのですよ。

 

 

「雪ホタル」

 

そう、それは、この街に雪が舞い降りた晩だった。

白い息が、空気を裂くように姿を消し、
木も、家も、人も、次から次へと凍ってゆく。

緊張が頂点に達したその時、
すべてが、止まった。

そして、落ちてきた。
雪ホタル。温かい。

じわり、じわりと温もりが、
この街を包む。

ワレニカエル。

持ち上げた太ももを下ろし、
一歩、また一歩と進んでゆく。

動き出したそこにはもう、雪ホタルはいない。
降るのはただの、白い粒。
街は、進む。
一歩、そしてまた、一歩。

あぁ、何処へ。
幻の、雪ホタル。

 

 

composer’s note

雪は、実はあたたかいことを知らなかった。

北国の冬は、雪が降る直前が一番寒い。キリリとした張り詰めた寒さが頂点に達した時、ふわりと落ちてくる雪が、その空気をあたたかさで包む。まるで空からホタルが落ちてくるみたい。カチコチに凍った氷の塊に亀裂が入るように、その空気を打ち破る力さえある。

何も変わっていないようで、でも、明らかにその空気がちがう。人の意識も、ちょっと見方を変えるだけで、心が楽になる。

やさしい雪ホタル、降らしてみよう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:雪ホタル Snow Firefly
発売日:2011.02
曲の長さ:6’18”
主な楽器:ピアノ・オーケストラ

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 侘