音和邸♪ 作曲家 TOMO

「一輪の祈り」 op.028

 

 

ささやかな願い。天に力を添えてもらいたいときに、この曲を。

生きていれば、自分ひとりの力が、あまりにもちっぽけに思えることもありますよね。
たまには、天に意識を向けて、心を込めた祈りを捧げてもいいんです。

あなたを見守る大いなる存在が、あなたの幸せを願っているものですよ。

 

 

「一輪の祈り」

 

裸足で歩いた砂利道が
いつまで続くと笑いあい

 

結ばれし手を離すまいと
尽くすことなく繋いだ言葉

 

花咲いて 花舞いて
この目に焼きつけた
キミから受け継いだもの

 

零れ落ちていく硝子球が
この地の陽だまりとなるように

 

捧げましょう
一輪の祈りを
花かんざしが舞い散るまで

 

 

composer’s note

「もしこの地球がひとつの完全な姿だとすれば、一人の人間は、その地球を作るひとつのパーツとなる。 誰一人として欠けてはならない、この世に生を受けた意味があり、そこに在ってこそ完全である。」

最近ふと、そんな声が降ってきた。人は、人と関わらずして生きていくことはできない。 そして、人生の中で関わる人は、この地球上のほんのひと握りの人だけ。

ひとりの力がどこまで届くかは分からなくても、及ばない力に落胆するよりは、祈りを捧げたいと思う今日この頃。

魂の祈りを捧げる音楽。唯一無二の貴い存在として、すべてを受け入れよう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:一輪の祈り A Silent Prayer
発売日:2016.08
曲の長さ:5’14”
主な楽器:ピアノソロ

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 清