音和邸♪ 作曲家 TOMO

「海から」 op.017

 

 

真っ青な海の中。解き放たれたいときに、この曲を。

小さなことから大きなことまで、圧し掛かった重みに潰されそうな気分になることもありますよね。
たまには、何もかも忘れてしまってもいいんです。

自分を思いっきり弾けさせてあげれば、抱えていたものも、一緒に吹き飛ばすこともできるのですよ。

 

 

「海から」

 

足に刺さる珊瑚が
太陽の光をはね返し
水際へと誘う

 

波がそっと押し寄せて
ふくらはぎに
まとわりついては去ってゆく

 

幾度も、幾度も。

 

波に呑まれて広がった
そこは魚の世界だった

 

この海の向こうには
異国の地が待っている

 

 

composer’s note

フロリダの旅からの音楽、第二弾。

海は、日本の中だけでも、場所によって全然違う。フロリダの海は、日によって全く別の姿を見せ、力強く荒々しいときは、まるで海から追い出すかのように波で跳ね飛ばす。 沖まで行かなくても、ビーチの浅瀬で、水中眼鏡の顔をつけるだけで、なんと30センチもある大きな魚も泳いでいてビックリ!

日差しが強い眩しい太陽の下に輝く、美しい海の中のピアノソロ。地球という、大きな大きな存在が持つ、ときに優しく、ときに激しい神秘的な水の中にもぐって、心を広げてあげよう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:海から From the Sea
発売日:2013.09
曲の長さ:3’06”
主な楽器:ピアノソロ

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 爽