音和邸♪ 作曲家 TOMO

「月と、ボクと。」 op.018

 

 

お月様との対話。本当の気持ちに気づきたいときに、この曲を。

口から出る言葉は、必ずしも本心ではない。本当は何を思っているのか、自分でもよくわからなくなることもありますよね。
たまには、お月様を頼ってもいいんです。

ポツリポツリとでも心の声を語れば、お月様は答えをくれるものですよ。

 

 

「月と、ボクと。」

 

ボクは夢中でシャッターを切った。
キミの美しさに見惚れている間もなく、
一枚、また一枚と。

 

時にはうっすらピンクの輪を作り、
時にはウサギの餅つき写し出し、
キミはどんなモデルよりも美しかった。

 

キミはボクの写真の中で、
一枚ずつ、別人のように姿を変えた。

 

銀と金を重ね合わせ、
陰影をつくりながら闇夜に浮かび、
レンズを通してボクを見下ろしていた。

 

共に過ごすわずかな時を、無言で会話するように。
月と、ボクと、生きていた。

 

 

composer’s note

中秋の名月。その名の通り、何度も何度も感激の声が出てしまうほど美しい。くっきりとした円の形を見せるお月様。写真に撮っても1枚も同じ姿がなく、様々な色、輪郭を見せ、とても神秘的な姿を見せてくれる。

夜空に美しいお月様を見つけると、なぜか、お月様に話しかけたくなる。
美しい姿を見せてくれて、「ありがとう!」と、いつも一人でブツブツ話しかけて、謎の知り合い気分。

闇の中で光を放つ開放的なお月様と、自由に対話させた音楽。月との対話はいつでも、心が整理され、のびのびできる。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:月と、ボクと。 The moon and I
発売日:2013.10
曲の長さ:4’58”
主な楽器:ハープ・ストリングス

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 緩