音和邸♪ 作曲家 TOMO

「桜の宵に」 op.029

 

 

花の道。豊かさを受け取りたいときに、この曲を。

今より先を求めて、歩み続けてきたものの、どこか光が足りないと思うときもありますよね。
花を咲かそうとしなくてもいいんです。

今、ここに在ること。その小さな瞬間の集まりこそが、キラキラと美しい宝物なのですよ。

 

 

「桜の宵に」

 

月明かり射す
川面に散った
花びらのじゅうたんが
天の川のように
橋を渡す

 

十日の間だけ
キミとボクをつなぐ道

 

あるがままを受け入れる
豊かさの念
ボクの目に注がれる
純真な眼差し

 

このひと時を待ちわびて
ボクは生きてきた

 

雨に打たれ
風に流され
深い根を張り
ひと枝のばし

 

その一瞬一瞬が
いく度にも重なって
ボクらの道をつくっていた

 

composer’s note

夜桜は、どこか魅惑的な雰囲気を漂わせている。月明かり射す木々の間を、艶やかな着物を着た美しい女性がひとり、踊っている姿が浮かぶ。
今、という瞬間が、まるで非日常の煌びやかな世界に飛び込んだように、その美しさに感情が高まる。

つい、何かを求めることに夢中になってしまうけれど、満開の瞬間だけが桜ではないように、小さな瞬間こそが、とても大切なもの。
そしてその集まりこそが、花の道。

内にある輝きが放つ、美しい桜のメロディー。今この瞬間にある、数え切れないほどの豊かさに、包まれよう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:桜の宵に Sakura -in the moonlight
発売日:2017.05
曲の長さ:5’26”
主な楽器:ピアノ・ストリングス

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 愛