TOMO SAKAI

コスモスの咲く丘で On the Hill Full of Blooming Cosmos / op.011

 

 

可憐な花。ホッとするやさしさで、寄り添ってほしいときに、この曲を。

人生には、ただそっとしておいて欲しいときもありますよね。
無理に何かを言おうとしなくてもいいんです。

言葉がなくても、見守ってくれているものですよ。

 

 

コスモスの
咲く丘で

 

あおむし色の、スリムな幹の先には
ハチミツ色のボタンをかけ
大きく花開く

 

濃紅色、桃色、白色
やさしい花束を広げたような
コスモス畑

 

丘のてっぺんに
角が錆びた一台のイエローバス
コスモス畑に埋もれるように
いつでもそこに停まっている

 

朝、昼、太陽を浴び、
夜、月光に染まる

 

風が吹き、雨に打たれ、
雷が光り、雪が降る

 

ただじっと、そこにいる
コスモス畑、地主の神

 

春も、夏も、
秋も、冬も

 

空っぽのバスに乗って旅をする
旅をしないで旅をする

 

 

composer’s note

北海道深川市には「トトロ峠」という場所があり、秋には綺麗なコスモスが咲く。広大なコスモス畑。一度訪れただけで、その美しさが心に焼きつき、 記憶の中では永遠に風景が変わらない。

有名なアニメ映画のようなイエローバスが、丘のてっぺんに本当にある!ただし、動きはしない。 動かないバスに乗って、目の前の美しいコスモス畑を見ていれば、まるでメルヘンの世界を旅しているよう。

かわいらしく、けなげなコスモスの、美しいメロディー。鮮やかな色彩の中に飛び込んで、全身をカラフルにしよう。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:コスモスの咲く丘で On the Hill Full of Blooming Cosmos
発売日:2012.10
曲の長さ:5’44”
主な楽器:ピアノ・ギター・オーケストラ

→ 楽曲利用のご相談


同カテゴリーの音楽: 愛