音和邸♪ 作曲家 TOMO

「かまくらの中で」 op.021

 

 

ホッとする場所。ぬくもりに包まれたいときに、この曲を。

生きていれば、何も考えず、ただ安心な場所にこもりたいときもありますよね。
居心地のよさを求めて、心に道案内をさせてもいいんです。

あなたの居場所は、どこかに必ずあるものですよ。

 

 

「かまくらの中で」

 

「あったかいね」

 

真っ白なプラネタリウムの中で
キミのささやきがわずかに響く

 

小さな頬を真っ赤に染めて、ロウソクの炎を浮かべながら
屈託のない眼差しを向ける
覚えがあるその微笑みは、遠い我が家を思い出させる

 

ほっこりとこたつを囲み、足と足がそっと触れ合って、
「ふふふ」と小さく声を立て、互いに頬が緩んだ

 

あの時のぬくもりを、今は伝えられないけれど、
そんなことはお構いなしと感じさせる、
キミのやさしさに救われた

 

春の訪れは、キミとの別れ
季節が過ぎればまた会える

 

こたつの代わりにかまくら作ろう
いつまでも小さなキミに会うために

 

 

composer’s note

子供の頃、スキー場でかまくらを作るのが楽しみだった。かまくらの中には、不思議と安心できる居場所がある。雪国の厳しい寒さから守られているというホッとした気持ちは、 こたつに入った時のほわっとした気持ちに、どこか似ている。

小さな明かりと共にかまくらに入ると、昔の姿のまま、特別な誰かに会うことができる気がする。織姫と、彦星のように。

会いたい人は誰ですか?

ほっこりとする、あたたかい音楽。目を閉じれば、大切なあの人に、会えるかもしれない。

ホッとできる、音楽を♪

曲名:かまくらの中で In the Igroo
発売日:2014.03
曲の長さ:5’18”
主な楽器:オーケストラ

→ 楽曲利用のご相談

 

同じカテゴリーの音楽: 愛