音和邸♪ 作曲家 TOMO

桜の大木に包まれる、やさしいピアノソロです♪

 

こんにちは!トモです(*´∇`)ノ ♪

 

もし今、自分よりもはるかに長生きの大木の幹に寄り添って、光を浴びながら、頭上から降る美しい桜の花びらに頬を撫でられたなら、なんとも至福な感覚になると思いませんか?

 

 

岐阜県本巣市の根尾谷にある、国指定天然記念物の淡墨桜は、ナント樹齢1500年以上だそうです!

 

守り守られながら、この世界を生きてきたのだと思います。

 

その姿を拝めるだけでありがたい。

そんな厳かな気持ちになります。

 

目には見えなくても、そこには精霊・木霊が宿っていて、たとえどんな苦境を乗り越えて今に至るとしても、喜びと笑い声が溢れている気がしてなりません。

 

痛々しい部分もあるけれど、生き続けてきたその姿がただただ美しい。

 

 

大木を取り巻く精霊や木霊たちが、ポーンポーンと透き通った音を鳴らす。

山の風が吹き、花びらが流されてゆく。

光が当たる部分が少しずつ移ってゆく。

 

 

美しいピアノの音色を受け入れて、深く根を張った桜の木の下で、とてつもなく大きな安心感に包まれてみてください。