音和邸♪ 作曲家 TOMO

「ありがとうの詩」 s_op.001

 

 

老いること。年を重ねていく姿に、この歌を。

年々衰えを感じると、老いを残念に思うこともありますよね。
できなくなることを悲しまなくてもいいんです。

命あるかぎり生きる、ただ生きることこそが、とても貴いものなのですよ。

 

「ありがとうの詩」

 

ありがとうを言いたい
あなたが そこにいること
何よりもけなげに
生きているその姿

 

美しくて あたたかくて 優しくて
この心に生きる勇気をくれるのです

 

あなたは無力さを思うかもしれないけれど
生きる姿 見せることが
貴いではありませんか

 

ありがとうを言いたい
あなたが そこにいること
何よりもけなげに
生きているその姿

ありがとうを言いたい
あなたが そこにいること
何よりもけなげに
生きているその姿

 

涙もろくて かよわくて 寂しくて
それが人のぬくもりと教えてくれるのです

 

あなたは衰えを感じるかもしれないけれど
老いる姿 見せることは
素晴らしいではありませんか

 

しんどいと漏らすあなたに
これ以上言えないけれど
生きて欲しい 愛しい命
どうか どうか 生きて欲しい

 

ありがとうを言いたい
あなたが そこにいること
何よりもけなげに
生きているその姿

 

composer’s note

同じ治療院に通っていた親戚のオバアチャン。自分の体が苦しくて逃げ出したくなることもあったけれど、オバアチャンが待っていてくれること、少しでも快復していくのを自分のことのように喜んでくれることは、大きな励みだった。

その頃すでに90歳近かったオバアチャンは、田舎でたった一人で暮らし、年々衰えていくのは明らかだった。老いた自分を、「みっともない」「早くお迎えがこないかしら」「何もしてあげられない」そんなことをよく言うようになった。

ヨタヨタの足取りでも、畑に行くと土からパワーをもらえると、日が暮れるまで畑仕事をする。命があるから生きている。そんなオバアチャンの生きる姿は、どれだけ生きる勇気をくれたかわからない。

人が、生きていてくれること、生きる姿を見せることは、とてつもなく大きな力を人々に与え、貴い。

生きることが苦しいときもあるかもしれない。
でも、生きていてくれて、ありがとう。

ホッとできる、やさしい歌を♪

曲名:ありがとうの詩 Thank You Grandma & Grandpa
発売日:2011.12
曲の長さ:6’18”

その他の歌