TOMO SAKAI

それって体をあたためる食べ物?冷やす食べ物?

 

食べ物には、体をあたためる食べ物、冷やす食べ物がある。

陽性、中庸、陰性。

 

 

例えば、夏野菜は体を冷やし、冬野菜は体をあたためる。

夏の暑さで体が熱くなってしまうので、体の熱を冷ますために、夏野菜が体を冷やす働きをしてくれる。

自然にそうなってる、ってスゴイ!

 

 

それ以外でも、生姜は体をあたためるとか、添加物は体を冷やすとか、白砂糖は体を冷やすとか、よく聞くと思う。

 

 

病気の人は、体が冷えている人が多いらしい。

 

だから、体を冷やす食べ物より、あたためる食べ物を摂った方が、基本的には体を元気にする。

 

 

私自身は、病気になってしばらくは、かなり意識して、できる限り体をあたためる食べ物を摂り、冷やす食べ物は摂らないようにした。

 

夏野菜は控えたり、アイスクリームや冷たい飲み物、サラダ、甘いもの、添加物、などなど、結構やめた。

 

 

でも、やっぱりたまには食べたいことだってある。

そんなに厳格にするとストレスなので、次第にちょっとずつ、食べたい時は少量食べてみて、体の声を聴くように変えた。

 

アイスクリームはそんなに好きなわけじゃないけど、ミニストップのベルギーチョコソフトが出ると、食べたいなぁ〜って思う。

そんな時は、自分に食べてもオッケー!と許可をして、誰かと半分コする。ちょっと食べれば満足だから。

 

そんな風に、体を冷やす食べ物でも食べる。

 

 

ここ3年くらいは、さらにゆる〜い食事療法にしたから、夏野菜でも好きなら食べる。

 

その代わり、どーでもイイところは、無駄に体を冷やすようなことをしない、と決める。

 

 

体をあたためる、ゆる〜いマイルール。

 

 

私の場合、例えば、レストランで水が出てきたら、必ず氷ナシを頼む。

ご飯の時に、何もそこまで冷たい水じゃなくていいから、無駄に体を冷やすことはしない。

 

ジュースもわざわざ氷は入れない。

 

できるだけあたたかい飲み物を飲む。

 

砂糖も甘さ控えめにする。

 

陰性の食べ物を摂るときは、可能であれば陽性のものと摂る。

 

生姜パウダーを摂る。

 

 

そんな風に、体をあたためるために、食を意識している。

 

 

生姜パウダーは、結構オススメ。

初めの頃は、自然栽培の生姜を買ってきて天日干しして粉末にしていたけれど、初めからパウダーを買った方が楽チンだし、結構長持ち。

生姜って、生を毎日摂ろうと思うと大変だから続かない。

でもパウダーなら手軽に摂れる。

私は飲み物に入れるのはあまり好きじゃないので、味噌汁やスープに入れる。

小さじ4分の1くらい、ほんの少しだけ。

料理に生の生姜入れられときは、結構使う。

 

生姜パウダーを続けたら、冬の冷えがマシで、やっぱり実感があるから続けられる。

 

 

いかに楽にゆる〜く続けるか。

コレがやっぱり基本です。