「白砂の色」 op.034

さらさらと風に流されて ころころと変わる気分で 形を作っては惜しげもなく壊して遊ぶ 何億年と生き続けた カブトガニの証人が 波打ち際で鎧を脱ぎ捨てた時…