音和邸♪ 魂が癒される音楽

音楽をスピリチュアル的に創る方法

 

音楽を創るときって、すごい集中力なんですね。

でも、周りが見えていないわけじゃない。

 

目に見えないけれど、音楽の源にアクセスして創っている自分と、その状態を俯瞰しているもう一人の自分がいるような感覚。

 

だから例えば電話とかで一瞬中断されても、意識のどこかが繋がっているから、その後すんなり続けることができる。

 

それどころか、他ごとをしている時も、ずーっとアクセスし続けている。

 

 

実は、音楽の源は、色々な指示をくれるんです。

 

「この音少しだけ後ろへズラして。」

「ちょっとやり過ぎ。」

「もう少し大きく。」

「ここ音たりないよ。」

 

私がやることは、その声を全部拾っていくこと。

 

だから、その源に意識を集中させる。

 

OKが出るまで何度も何度も繰り返す。

 

 

依頼を受けて音楽を創るときは、この作業を依頼された時点からやる。

 

この依頼者が感動して大満足する音楽はどんな音楽?

 

そんな質問を、音楽の源にする。

そうすると答えが返ってくる。

 

ときには依頼主の心の状態にリンクして、涙が止まらなくなる。

 

不思議。

 

でも、こうやって創ると、必ず感動してもらえます(*´∇`*)

 

 

当たり前にやっていたこの創り方。

最近になって、普段の生活にもっと応用すれば良いんじゃん!!!

と、気づきました。

 

 

実は、病気で一番苦しかった時期、不安でいっぱいになった時に、これと同じことを自然にやっていたんです。

 

「この治療で大丈夫なのかなぁ?」

「これ続けた方がいいのかなぁ?」

「良くなってるのか不安だよ〜」

 

そうやって投げかけると、なんとっ!!

答えが降ってくるっ!

それまでの人生は、人に答えを求めていたけれど、そうやってたら、自分で答えが出るようになっていました。

 

これ、怪しい話とかじゃなくて、スピリチュアルの分野では当たり前らしいです。

だから、誰でもできます(b゚v`*)♪

 

 

人生も、自分自身で創るクリエイション。

 

音楽づくりと一緒です。

 

いつだって答えはちゃんとある。

 

 

だから、困ったとき、迷ったとき、自分という媒体を通す感覚で問いかけてみてください。

 

そうすれば、答えがキャッチできるようになりますよ\( ˆoˆ )/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちらへどうぞ↓(要Facebookアカウント)