音和邸♪ 魂が癒される音楽

ちょっとの努力が健康を手に入れる!

 

最近ふつふつと湧いている気持ちは、「走りたい!」

そのために、まずはちゃんと歩けるようになること。

 

 

バンクーバーとフロリダ滞在中の計3ヶ月、出かけない日はトレーニングルームへ通いました。

膝に負担がかからないサイクリングから始めたけど、1分こぐだけで心臓バクバク(^◇^;)

 

自分の体力のなさを思い知りました。

 

それでも続けて通っていたら、1分が5分になり、5分が10分、10分が20分になり、帰る頃には、25分できるようになりました(*゚▽゚)ノ

 

しかも、ランニングマシーンで10分くらいウォーキングをプラスして。

膝を曲げて歩く練習。

 

「無理をしない」というのをモットーに、疲れているときはやめておいたり、時間を短くしたり、その時のカラダの声に耳を傾けて続けただけ。

 

そうしたら、明らかに日本を旅立つ頃よりも、うーんと体力がついて、体のモチが全然違うのを実感できていました。

 

せっかくここまで出来るようになったのだからと、昨日から近所のジムへ通うことにしました!

 

 

体が治っていく時というのは、段階があります。

 

私がジムで体力作りをするのは、以前の体の状態では不可能でした。

 

 

その前は何をしていたか?

 

健康体操、腹筋などの筋トレ、ストレッチはほぼ毎日かかさずやっていました。

この辺は関節に負担がかからないけれど、血流を良くすることができるからね。健康をゲットするのに血流を良くするのは大切です。

 

ウォーキングもたまにしたけれど、リウマチは無理をするとかえって悪化するので、控えめに。

といっても、何度もやり過ぎては「しまった〜〜>_<」ということも多々あり、なんど泣いたやら・・・。

 

 

自分の体の限界を知ること。

これは、一番難しいです。

 

でも、ちょっとの無理があってこそ体は強くなる。

だから、失敗を恐れずトライすることが大事です。

 

少々痛めても、絶対に良くなるので、やらないよりやった方が絶対いい!

そうしていくうちに、なんとなく自分の体の限界が分かってくる。

限界が分かれば、ほんの少しの負荷をかけて限界の幅を広げられる。

 

「病気だからできない」

 

そうやって思い込んでるのは自分自身。

 

今の自分の体を知ってできることをやる。

それは、自分自身に「治すんだ!」という意思表示をすることでもあり、体もその気になってくれます。

 

 

ほんのちょっとの努力だけ。

大したことじゃなくていいんです。

私の体操なんて、20分もかからないです。

でもそれが、大きな変化を生んでくれています。

 

 

自分の体の声を聞いて、今できることをする。

 

 

やっぱり自分の足で、世界を見たいじゃないですか。

私も走れるよう頑張りますよ!

超健康体を手に入れましょう(^O^)/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントはこちらへどうぞ↓(要Facebookアカウント)